忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/11/15 16:10 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
LA TENTATION DE NINA EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


1932年にオープンしたクチュール・ハウスから歴史がはじまった、偉大なるパリス・メゾン「ニナ・リッチ」。卓越された美感とテキスタイル・スキル、そして天才的なカッティングで知られ、同時代のマダム・グレと同じく「布の彫刻家」と称されました。現在はピーター・コッピングがレディス・プレタポルテのディテクターをつとめ、そのポテンシャルをあますところなく見せております。

こちらはそんなニナ・リッチの人気フレグランス・ラインから、2014年に発売されたレディス香水です。オリジナルは2006年に発売されたスーパー・ヒット作「ニナ」で、今回はその数多くあるファミリーのニュー・エディションとなっております。意外とレアなアイテムですので、お求めはお早めに。ニナ・リッチ香水お得意のグルマン・ノートは健在。さらにこの作品は、お菓子の「マカロン」の生みの親としてあまりにも有名な「ラデュレ」とコラボレーションして、さらに楽しいフルーティー・フローラル・グルマンをつむぎ出し、「タンタシオン」=「誘惑」というネーミングにふさわしい、キャッチーな作品に仕上げております。

イタリアン・ベルガモット、ピンク・グレープフルーツ、レモン・エッセンスなどが、明るくダイナミックなシトラス・ノートを香り立たせるトップから、 ラズベリー、ブルガリアン・ローズ・アブソリュート、マカロン・アコード、アーモンドなどが、ポップでアーヴァンなグルマン・スウィートを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはバーボン・バニラ、ホワイト・ムスク、サンダルウッドなどが、メロウでメルティなスウィートをただよわせて、グラマラスで愛らしいセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

調香は、キャシャレルの「ノア」や「シークレット」、ジバンシィの「アンジュ・デモン」などを手がけているオリヴィエ・ポルジュ。プロデュースはヴァレンティノ、キャロライナ・ヘレラ、ベネトンなどの香水ラインでもおなじみの「PUIG」です。シトラス&マカロン・ムスキーなトーンで、ローズが大人っぽい隠し味になっております。

ボトルやボックスもエクセレントなデザイン。パープル・ピンクのカラーが抜群です。

PR
【2015/06/24 01:27 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
MADEMOISELLE RICCI L’EAU EAU DE TOILETTE SPRAY 30ml


パリ・クチュールの基礎を築いた、偉大なるフレンチ・メゾン「ニナ・リッチ」。1930年代から40年代のクチュール・シーンで頂点に輝いていたメゾンのひとつで、同時代のマダム・グレと共に、その天才的なカッティング・スキルからどちらも「彫刻家」という異名を取りました。2009年からは秀才のピーター・コッピングがクリエイティブ・ディレクターをつとめていて、伝統のウェア・ラインをあらたな成功に導いております。

こちらはそんな格調高いファッション・ハウスのフレグランス・ラインから、2013年に発売されたレディス香水です。オリジナルは2012年ン発売された「マドモアゼル・リッチー」で、今回はそのアレンジ・エディションとなっております。オリジナルのバランスのいいフローラル・ウッディー・ムスキーの情感は大事にしながらも、よりライトでシンプル、そしてガーリーなテイストをあたえたフルーティー・フローラルの香調がベース。厳選された三つのマテリアルを自在にブレンドして、タイムレスなフェミニンをふんわりとつむぎ上げた、ウェルメイドなアイテムに仕上げられております。

香りは基本的にはピラミッド型ではなくフラットに香る流れで、ローズ、ピオニー、ライチの三つが、チャーミングでラグジュアリーなフルーティー・フローラルを浮かび上がらせます。
調香はオリジナルと同じく、ブルガリの「ブルガリ・ブルー」コレクションやケンゾーの「フラワー」コレクションなど、名作を数々を生み出しつづけている巨匠のアルベルト・モリアス。プロデュースは、「キャロライナ・ヘレラ」、「プラダ」、「ヴァレンチノ」などの香水ラインでもおなじみの名門「PUIG」です。ロージー・スウィートのピンキーなテイストがオリジナルの同じような印象ですが、ライチのフルーティーな香りが若々しさを誘ってガーリー。全体的に、華やかで開放的なフェミニンを感じさせる香りで、デイタイムであればオールシーズンでお使いいただけると思います。カジュアル・シックなウェアに合わせるとベストマッチしそうです。

ボトルやボックスの美しさにも目を奪われますね。特にボトルは説明不要の愛らしさです。

【2015/01/24 01:18 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
RICCI RICCI REFLECTS MYSTERIEUX EAU DE PARFUM SPRAY 80ml


1932年創業の、フランスの老舗ファッション・ハウス「ニナ・リッチ」。1930年代?40年代のクチュール・シーンをけん引し、1948年の「レール・デュ・タン」の驚異的な成功のあとは、香水部門でも世界屈指のステイタスを獲得しました。創始者マリア・ニナの、デッサンを描かず布地を身体に合わせて直接裁断する手法は、同時代のマダム・グレと同様で、ふたりはともに「彫刻家」と称されました。

こちらはそんなレジェンダリィ・メゾンのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。正式名は「リッチー・リッチー・ルフレッツ・ミステリオー」といい、オリジナルの2009年「リッチー・リッチー」のアレンジ・エディションとなっております。かなりレアなので、お求めはお早めに。「ルフレッツ・ミステリオー」は英語にすると「リフレクト・ミステリアス」で、「神秘的な反射」というような意味になります。そのとおりミラー・エフェクトのなめらかなボトル・デザインが特徴的ですね。香りはオリジナルのマイナー・チェンジといったようなフローラル・シプレーの香調がベース。よりマテリアルを厳選して、ひとつひとつの香りを引き立てたような一品に仕上がっております。

ルバーブ・アコードが、甘酸っぱいフルーティー・ノートを香り立たせるトップから、 センチフォリア・ローズやムーン・フラワー(ベル・ド・ニュイ)などが、蜜のようなメロウなフローラル・スウィートを浮かび上がらせるミドルへ。
ラストはパチョリがアーシーなトーンでそれまでの香りをドライダウンさせて、大人らしい引き締まったエレガンスをアピールしてくれそうです。

プロデュースは、マンゴー、プラダ、ヴァレンチノなどの香水ラインでもおなじみの、歴史と伝統の「PUIG」です。オリジナルから柑橘とチュベローズとウッドを抜いたブレンドで、ラストのシェイプされたトーンが、オリジナルとはひと味ちがうところです。いずれにしても秋冬シーズンにマッチする香りで、やはりドレッシーなウェアに似合うでしょう。

デザインはボトルだけでなくボックスも特別仕様。鏡に見立てていて、とてもきれいです。

【2014/09/08 03:05 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
LES BELLES DE RICCI SPICY DELIGHT EAU DE TOILETTE SPRAY 50ml


リッチ家の女の子。さて三女は、わががまっ子のりんご姫。でも時々ふっと秘密めいた表情を見せる、堪らなく魅力的な女の子です。なんてね、ほんとそんな感じなのです。りんごを中心にオレンジやグレープフルーツなどの果実が加わり、バニラやカラメルの甘さのアクセントとして、シナモンやペッパーなどのスパイスをブレンド。りんごとシナモンだからね、相性バッチリ。なんといってもおいしそうな香り。元気いっぱいで、時折のぞかせるシナモンの香りがちょっぴりミステリアス。

【2014/08/04 02:59 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
L AIR DU PRINTEMPS BY STARCK EAU DE TOILETTE SPRAY 45ml


知性と情熱にあふれるデザイナーのピーター・コッピングがクリエイティブ・ディレクターに就任して2シーズンが経過した、パリ・モードの至宝「ニナ・リッチ」。2011/12年秋冬コレクションでは、特にダーク・カラーのドレスやワンピースなどで彼独特のテーラー・センスを輝かせていて、同時に老舗メゾンのエレガンスの健在ぶりを見せつけました。

こちらはそんな名門ブランドのフレグランス・ラインから、2010年に発売されたレディス香水です。ニナリッチというブランドを世界に知らしめた、香水史上の名香「レール・デュ・タン」の、ニュー・デザイン・エディションとなっております。とてもレアなアイテムですので、お求めはお早めに。

「バイ・スタルク」のスタルクとは、フランスを代表する大御所マルチ・デザイナーのフィリップ・スタルクのことで、この作品のボトル・デザインを彼が手掛けております。一見するとナイフのようにも見えるこのボトルは、オリジナルのボトルの、二羽の鳩のくちづけするオブジェを融合させたもので、スタルクらしい個性的な流線型は、まさにモダン・アートと領域です。香りはオリジナルそのままのフローラル・スパイシーを採用していて、1948年発売以降ロングセラーを誇るこの普遍的な香りが、フューチャリスティックな外観と見事にマッチしております。

カーネーション、ピーチ、ネロリ、ベルガモット、ブラジリアン・ローズウッドなどが、ふくよかなシトラス・スウィートを香り立たせるトップから、 ローズマリー、カーネーション、ガーデニア、ヴァイオレット、オーキッド、クローブ、オリス・ルート、ジャスミン、イランイラン、メイ・ローズなどが、白い光を感じさせるようなルミナスフルなフローラル・スパイシーを湧き立たせるミドルへ。 ラストはナツメグなどのスパイス、アンバー・グリス、サンダルウッド、ムスク、ベンゾイン、オークモス、ベチバー、シダーなどが、たおやかで愛情深いようなフェミニン・スウィートをたたえ、ハートフルなニュアンスのセンシュアリティーを描き出します。

「時の流れ」というネーミングにオリジナルとは異なる趣きを感じさせる秀作です。

【2014/03/06 03:27 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
L AIR DU TEMPS COUTURE EDITION SPRAY 50ml


フェレからお声がかかったラーズ・ニルソンから、ロシャスのラインのほとんどが閉鎖され途方に暮れていたオリヴィエ・ティスケンスにクリエイティブ・ディテクターが交代した、パリの老舗クチュリエ「NINA RICCI」。クラフトマンズ・シップに富んだ個性の強いデザインが信条だった彼も、老舗ラインのエレガンスを全面に押し出したコレクションで、ラーズ・ニルソンの築いたイメージを崩すことなく新展開を模索しております。

こちらは現在のニナリッチの中核となっているフレグランス・ラインから、2008年に発売されたレディス香水です。パルファン・ニナリッチの代表作であると共に、香水史上に輝く名香として世界的に認知されている「レール・デュタン」のニュー・ヴァージョンで、リミテッド・ヴァージョンとなっております。お求めはお早めに。

フランシス・ファブロンによるオリジナルの完成されたフローラル・スパイシーの香調をほとんどそのままに、まさに「L AIR DU TEMPS」=「時の流れ」というニュアンスの深い詩情を感じさせるような、見事なコンセプト、アプローチのアイテムに仕上げられております。

ベルガモット、ネロリ、ジャスミン、ピーチ、ローズウッドなどが、ゆったりとマイルドなシトラス・フローラルを香り立たせるトップから、 ガーデニア、センティフォリア・ローズ、カーネーション、オリス(ニオイアヤメ)、イランイラン、リリーなどが、悠久のファンタスティックなフローラル・シンフォニーを紡ぎ上げるミドルへ。 ラストはサンダルウッド、シダーウッド、ベチバー、クローブ、ブラック・ペッパー、ナツメグ、バニラ、ムスクなどが、エキゾチカルでミステリアスなフェミニン・スウィートを漂わせ、時に左右されないゴッドネス・センシュアリティーを力強くアピールしてくれそうです。

プロデュースは「PUIG PRESTIGE BEAUTY BRANDS」。オリジナルの神話的な抒情を見事に現代に蘇らせたことの意味は大きいと思います。ほとんど完成された香調で、永く愛用できる秀作です。ボトルのデザインも現代的にアレンジされ、一味違った趣きを醸し出しております。

【2013/10/27 03:12 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
L AIR DU TEMPS EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


2007年秋冬から、クリエイティブ・ディレクターがラーズ・ニルソンからオリヴィエティスケンスに替わった「NINA RICCI」。アヴァンギャルドな作風が特徴だったティスケンスが、老舗の格調を見事に復活させたラーズの後を継いだことで、その動向が注目されましたが、今のところ堂々の佇まいのコレクションでハイ・クチュリエのポテンシャルを深めております。こちらはコスメ・ラインと共にこのブランドの知名度を担っているパルファン・ニナ・リッチから、1948年に発売されたレディス香水です。

この作品の世界的な大ヒットによって、現在のフレグランス・ラインのステイタスが築かれました。今もなお抜群の売れ行きを誇る、色褪せないロングセラー・アイテムです。「L AIR DU TEMPS」=「時の流れ」というようなネーミングのこの作品は、戦後の平和を願った高い精神にもとにクリエイトされており、フローラル・スパイシーの名香としてだけではなく、その作品存在自体に輝きを宿しております。

ベルガモット、ピーチ、ローズウッド、ネロリなどが、マイルドでたおやかなシトラス・スウィートを香り立たせるトップから、 ガーデニア、カーネーション、ジャスミン、メイ・ローズ、イランイラン、オーキッド、クローブ、オリスなどが、複雑に絡み合いながらも繊細で普遍的な優美を紡ぎ上げるミドルへ。 ラストはアンバーグリス、ムスク、ベチバー、ベンゾイン、シダーウッド、サンダルウッド、モス、ナツメグなどが、広がりのあるスパイシー・スウィートでもって、穏やかで底深い、温もり溢れるフェミニン・セダクションをアピールしてくれそうです。

調香はこの作品が代表作で、他に同じくニナ・リッチの「カプリッチ」などを手がけているフランシス・ファブロン。香水史上でスパイシー・フローラルといえばまず上げられるエバー・グリーンです。百種類以上の香料を駆使し、タイムレスなシンプリシティを表現したところに、人類平和の意味合いが込められているかのようです。

マルク・ラリック作の、平和の象徴である鳩をモチーフにしたボトルのデザインも当時非常に話題となりました。

【2013/08/18 00:13 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
L’AIR EAU DE PARFUM SPRAY 100ml


ラクロワ、アイスバーグ、ソニア・リキエルからルイ・ヴィトンと渡り歩き、着実にキャリアを積んだピーター・コッピングのディレクションが冴えわたる、フランスの老舗メゾン「ニナ・リッチ」。フレンチ・モードをリードし続けて80年。その伝統とハイエンドなエレガンスの精神を受け継いだコッピングの手腕は、レジェンダリィ・メゾンの明日をになうにふさわしい輝きを放っております。

こちらはそんな名門ブランドのフレグランス・ラインから、2011年に発売されたレディス香水です。このラインのみならず、香水シーンを代表する1948年の「レール・デュ・タン」のニュー・ファミリーの位置づけとなっております。パウダリー・フローラルの華やかな香調をベースにしていて、「風」というネーミングにぴったりくるような、優しくほがらかなアイテムに仕上がっております。

トップからミドルにかけては、フリージア、ローズ、ジャスミン、マグノリア、ハニーサックル、ヴァイオレットなのフローラルが、エアリーに、それでいて芳醇に香り立ち、 ラストはパチョリ、ローズウッド、パリサンダー・ウッドなどが、ゆったりとしたウッディー・スウィートで全体をドライダウンさせて、華やぎをそこなわずに大人の色香をたたえます。 調香は、クロエの「オーデ・フルール・カプシン」やジェニファー・ロペスの「グロウ」などで知られるルイーズ・ターナーと、バーバリーの「ベイビー・タッチ」やジェニファー・ロペスの「スティル」などを手がけているミッシェル・ジラールの合作。プロデュースはプラダやヴァレンチノの香水ラインでもおなじみのPUIGです。マグノリアやジャスミンを中心としたホワイト・フローラルの香りが特徴的で、パチョリのかすかなスパイス香もすばらしいアクセントを効かせて、オリジナルのフローラル・スパイシーの情感を大事にした、丁寧な作りの一品です。この系統の中ではオーソドックスなトーンですが、決して古くさくなく、むしろクールな印象すら感じます。プライヴェートなシーンであれば、シーズンを問わずにお使いいただけるでしょう。

オリジナルに近いボトルも愛らしいデザインです。

【2013/07/19 00:31 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
LES BELLES DE RICCHI CHERRY FANTASY EAU DE TOILETTE SPRAY 30ml


パリ・モード界のエレガンスのシンボルと謳われた「NINA RICCI」。一貫してフェミニン・デザインを追及した偉大なクチュール・メゾンの軌跡は、名香「レール・デュ・タン」の世界的大ヒットによってその華々しさを増させました。PUIGの傘下に入った現在も、マダム・リッチの遺志を受け継ぎ、あらゆるラインでそのエレガンスは失われておりません。

こちらは日本で特にヒットした「レ・ベル・ド・リッチ」の2005年度春の新作です。「BEL」=「BEAUTY」で、複数形ですから、「リッチ家の美女たち」というような意味でしょうか。4人目の現在では一番末っ子の彼女は、特に日本受けを考えてオシャレをした女の子。チェリーのチャーミングな甘さやローズのエレガンスがメインのフルーティ・フローラルの香りで、その辺のベリー系とはちょっと趣きの異なる、カッコカワイイソフィスティケーションを感じさせる一品に仕上がっております。ブラックカラント、グレープフルーツ、ベルガモットなどが若々しくジューシーに香り立つトップから、メイ・ローズが情緒深いグラマラスなバラの花束を表出させるミドルへ。ラストはチェリー、レッドフルーツ、ムスク、ウッディ・ノートなどが溶け合い、熱いパッションとガーリーなエナジーを兼ね合せた、魅力的なセンシュアリティを演出してくれそうです。ラストの香調が名の通りファンタスティックで、特に優れていると思います。春、もしくは秋のデイ・タイムにカジュアルシーンで活躍してくれそう。

お馴染みのツイスト・ボトルは、色合いとして他の三姉妹よりもキュートです。ボトルに惹かれて買っても損はしないアイテムだと思います。

【2013/06/30 02:16 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
LES BELLES DE RICCI SPICY DELIGHT EAU DE TOILETTE SPRAY REFILLABLE 50ml


リッチ家の女の子。さて三女は、わががまっ子のりんご姫。でも時々ふっと秘密めいた表情を見せる、堪らなく魅力的な女の子です。なんてね、ほんとそんな感じなのです。りんごを中心にオレンジやグレープフルーツなどの果実が加わり、バニラやカラメルの甘さのアクセントとして、シナモンやペッパーなどのスパイスをブレンド。りんごとシナモンだからね、相性バッチリ。なんといってもおいしそうな香り。元気いっぱいで、時折のぞかせるシナモンの香りがちょっぴりミステリアス。

【2013/06/07 14:39 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]