忍者ブログ

NINA L’ELIXIR EAU DE PARFUM SPRAY 50ml


1932年に創業され、30年代から40年代のフェミニン・モードの新時代を開いた、偉大なるメゾン「ニナ・リッチ」。創始者のマダム・ニナは、パーフェクトなシンプリシティの美学と至高のエレガンス、そして天才的なテキスタイルをもって、当時のパリ・クチュールの絶対的な象徴のひとりでした。現在はピーター・コッピングがクリエイティブ・ディレクターに迎えられていて、その伝統を着実に受け継いだコレクションを披露しております。

こちらはそんなグラン・メゾンの誇るフレグランス・ラインから、2010年に発売されたレディス香水です。2006年に発売された「ニナ」のニュー・エディションとなっております。グルマン・テイストでにぎやかなオリジナルの香調を考慮しながらも、よりスマートになったようなフルーティー・フローラルのアレンジで、都会的で愛らしく奔放なニュアンスの、セレブ感たっぷりなアイテムに仕上がっております。

カラブリアン・レモンやグリーン・カイピリーニャ・ライムなどが、ヴィヴィッドでフレッシュなシトラス・ノートを香り立たせるトップから、 レッド・ベリー、アップル・トフィー、ジャスミンなどが、ジューシーでメロウなフルーティー・スウィートを漂わせるミドルへ。
ラストはコットン・ムスクやシダーウッド、アンバーなどが、セクシーでマイルドなスウィートを漂わせて、ハイクラスなレディス・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。
調香は、このニナ・コレクションの諸作品やクリスチャン・ディオールの「ミッドナイト・プワゾン」、ケンゾーの「ローパ・ケンゾー」などでおなじみのオリヴィエ・クレスプ。プロデュースはキャロライナ・ヘレラやヴァレンチノなどの香水ラインもかかえているPUIGです。

ライムのシャープな香りがピリッとしたアクセントになっていて、ミドルのレッド・ベリーの甘さとすばらしく調和しています。全体的には活発なお嬢様というようなイメージで、とても気持ちのいい香りに感じられるのではないかと思います。基本的にはデイタイム向きです。リンゴをモチーフにした特徴的なボトルも、丸みが実にかわいらしいです。

PR
【2013/02/05 03:21 】
CATEGORY [ 香水 ] COMMENT [ 0 ] 
pagetop ∴
<<ニナリッチ パラダイス ニナ EDT・SP 50ml | HOME | ニナリッチ ニナ EDT・SP 80ml>>
コメント
コメント投稿














FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]